堀内製油 ごま油

¥1,800

在庫あり

商品コード: 4114 カテゴリー: タグ: , , ,

説明

「古式圧搾製法」と「一番搾り」

①焙煎:厳選された原料を、煎り釜でじっくりと焙煎します。使う原料、その日の天候などで微妙に温度を調節します。
②圧搾:圧搾機を使い、原料を1回だけ搾り搾油します。60年間変わらぬ、こだわりの一番搾りです。
③温水洗い:搾油した原油に温水を加え、油に含まれる不純物を取り除く工程。水は油よりも比重が重いので、不純物は水と一緒に沈殿します。
④ろ過:不純物を取り除いた油を、さらに和紙製のフィルターに通し、ろ過します。ここまで、およそ1週間の時間をかけ、ようやく一番搾り油の完成です。

※商品のリニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

商品の詳細

◆原材料

食用ごま油(ごまはミャンマー産)

◆七大アレルゲン

なし
※七大アレルゲン:卵、乳、落花生、そば、小麦、えび、かにを表記しています。

◆内容量

825g

◆賞味期限

賞味期限:23.08.01

◆保存方法

直射日光を避け、常温保存。

◆製造元

㈲堀内製油:「堀内油屋」は熊本県八代郡の伝統ある油屋です。 昭和20年終戦後の混乱期に(有)堀内製油会長堀内義信は、菜種の搾油業に道を見いだし、裸一貫で少しづつ附帯設備を整え、八代地方の農家の菜種を搾油することから始まったそうです。現在なたね油の原料は全て国内産100%、そのほかの原料も厳選した良質なものを使用し、創業以来、変わらず昔ながらの「古式圧搾製法」と「一番搾り」にこだわっています。